川越ナビ埼玉県川越市の紹介 > 川越市の歴史

川越市の歴史

川越は現在の呼び名で、奈良・平安の頃はこのあたり一体を「みよしの里」とも言われていました。「伊勢物語」では「みよし野の田の面の雁もひたぶるに君がかたにぞ寄ると鳴くなる」と歌われています。

川越市は、ほとんど平地ですが、大昔には、市の南東部まで遠浅の海だったようです。

小仙波貝塚跡

貝塚(小仙波貝塚跡) なども発見されていて、比較的早い時期から住むのに適した土地だったと考えられています。

市内を流れる河川の流域などには縄文・弥生時代の住居跡が見られます。

平安時代の中頃から後期にかけて、坂東武者が闊歩し始める頃、この一体は河越氏や仙波氏が支配するようになりました。

常楽寺(上戸)周辺に館があったとされる河越氏は、鎌倉幕府の御家人として重用され、河越太郎重頼の娘は源義経の正妻となり、 重頼の子の重員は武蔵国留守所総検校職になるほどの実力を持っていました。

河越氏は坂東八平氏のひとつであり、その棟梁の流れを汲む秩父氏から出ました。そして重頼が河越氏を称してこの地を支配し、 武蔵武士の中心地としてこの一体に絶大な権力を掌握しました。

川越七福神めぐり天然寺

河越氏はその後、代々「武蔵国留守所総検校」という武蔵国最高の役職を世襲していき、 鎌倉幕府の御家人の中でも隠然たる力を示していきます。

室町時代に入ると河越氏は鎌倉公方足利氏満に反旗を翻し、周辺武士を集めて「武蔵平一揆」を起こしますが、氏満の大軍に攻め立てられ、 河越氏は滅亡し、歴史の舞台から消えていきます。

大田道灌により、河越城が築城され、そして、その後、武蔵国の要衝として、上杉、北条が交互に支配し、 その状態が江戸時代まで続きます。 

江戸時代では家康のお師匠であった天海僧正が喜多院の大僧正として就任し、また、歴代の多くの大老が川越藩主から生まれるなど、 政治の舞台でも川越は暗躍していきました。

川越はいちはやく舟運や道路を整備し、江戸の北の守りとして産業や物資の流れの整備を強化していきました。 そのような理由から幕府は有力な大名を配置しました。

川越蔵造り

現在、その頃の風情が街のいたるところに残っています。

特に、旧川越街道沿いの蔵造りの街である一番街や、 川越市街を取り囲むかのように流れている新河岸川は江戸の風情を色濃く残しています。

川越ナビ:当サイトについて

  • 川越ナビは個人で運営しているサイトです。
  • サイト内で使われている画像は、管理人がデジカメで撮影したものです。
  • ご意見、ご質問はメールでお願いいたします。
copyright(c) 2004-6 川越ナビ All Rights Reserved.