川越ナビ川越の神社 > 三芳野神社

三芳野神社

三芳野神社

この三芳野神社は、童謡「とおりゃんせ」発祥の地。昔、誰もが口ずさんだあの唄は、ここ三芳野神社で生まれました。

川越城内にあったため、一般の人の参詣が難しくその様子が唄われたもの言われています。

三芳野神社

三芳野神社は、川越城の鎮守として、寛永元年(1624)時の城主酒井忠勝のよって再建されたといわれています。

優美な権現造りの社殿は、名前の由来となった「三芳野天神縁起絵巻」とともに市の指定文化財になっています。

三芳野神社

三芳野神社は川越城内にあったため、一般の人の参詣は難しく、「とうりゃんせ」はその様子が歌われていると伝えられています。

とおりゃんせ、とおりゃんせ

ここはどこのほそみちじゃ

てんじんさまのほそみちじゃ

ちょっととおしてくだしゃんせ

ごようのないものとおしゃせぬ

このこのななつのおいわいにおふだをおさめにまいります

いきはよいよいかえりはこわい

こわいながらもとおりゃんせ、とおりゃんせ

参道から「とうりゃんせ」の歌が聞こえてきそうですね。

三芳野神社

旧川越城内の天神曲輪にあり、四方を土塁と堀に囲まれていました。この点から「お城の天神さま」ともいわれています。

現存する社殿は、寛永元年(1624)川越城主酒井忠勝が三代将軍家光の命を受けて造営したもので、 幕府の棟梁鈴木近江守長次によって再興されました。翌寛永2年には、天海大僧正を導師として遷宮式が行われました。これ以後、喜多院、 仙波東照宮とともに江戸幕府の直営社となりました。

初雁の杉

三芳野神社には、「初雁の杉」と呼ばれる大きな杉(現存する杉は三代目)があり、毎年秋になると北方から雁の群れが必ず飛んできて、 杉の真上で三度鳴き、杉の回りを3度回って南をさし飛んでいったという 伝説が残っています。

この杉にちなんで、川越城は別名「初雁城」と言われています。

  • 住所:川越市郭町2-25-11
  • TEL:無し
  • 駐車場:あり 無料(川越城本丸御殿隣)

三芳野神社:取材日2006年7月

川越ナビ:当サイトについて

  • 川越ナビは個人で運営しているサイトです。
  • サイト内で使われている画像は、管理人がデジカメで撮影したものです。
  • ご意見、ご質問はメールでお願いいたします。
copyright(c) 2004-6 川越ナビ All Rights Reserved.