三芳野神社|川越の「とおりゃんせ」発祥の地!ご利益は?
三芳野神社

三芳野神社は、平安時代の初めに川越城の鎮守として建造された神社です。

童謡「通りゃんせ」の発祥の地といわれ、埼玉県指定文化財に認定されています。

実際に境内を歩いてみたときの写真とともに、ご利益や歴史などについてご紹介していきます。

三芳野神社:施設概要

三芳野神社

三芳野神社の歴史は約1200年前まで遡れるほど古く、「三芳野天神縁起」によると平安時代の初めである大同2年に創立されたと伝えられています。

その後、川越城の城主である太田道灌は築城にあたって三芳野神社を鎮守とし、以降は徳川幕府直営の社として庇護を受けることとなります。

寛永元年(1624年)には幕府の命を受けた酒井忠勝によって再建され、平成元年~平成4年の間に大規模な修理が行われました。

三芳野神社のご神体・ご利益

合格祈願

三芳野神社では、素盞烏尊(すさのおのみこと)と奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)を祀っています。

のちに北野天満宮の菅原道真公の神霊を配祀しました。

三芳野神社の見どころ

社殿

拝殿

三芳野神社の社殿は本殿、幣殿、拝殿からなる権現造となっており、林の中で社殿の赤色がひときわ目を引きます。

屋根はこけら葺形の銅板葺です。
外部は朱漆塗を基調とし、軸部は朱漆塗、建具と天井は黒漆塗となっています。

「わらべ唄発祥の地」碑

とうりゃんせ

童謡「通りゃんせ」は、三芳野神社が発祥の地といわれています。

天神さまは川越城の中にあったため、長くて細い道を辿る必要がありました。

また、参詣客に混じって不審者が侵入するのを防ぐために、外に出る際は厳しく取り調べを受けることも。

そのことから、「行きはよいよい帰りは怖い~」という歌詞が生まれ、現在まで歌い継がれているそうです。

初雁の杉

川越城の七不思議の二番目に、「初雁の杉」というお話があります。

昔、三芳野神社の裏には大きな杉の老木があり、いつの頃からか毎年雁が飛んでくるようになりました。

雁は杉の真上まで来ると三声鳴きながら、杉の回りを三度回って、南を指して飛び去ったといいます。

そんな逸話から、川越城は別名初雁城ともいわれているそうです。

絵馬

絵馬

北野天満宮の菅原道真公を祀っているため、絵馬の内容は合格祈願がほとんどです。

境内には「必勝合格祈願」の赤いのぼり旗もあちこちに見られます。

稲荷

稲荷

小峰商店

小峰商店

三芳野神社の御朱印

社務所はありますが、常駐ではありません。

御朱印は川越氷川神社にて頂くことができます。(受付時間:9時~17時)

三芳野神社:アクセス

川越駅から徒歩32分

バス停「博物館前」 から徒歩3分

バス停「博物館・美術館前【E9】」から徒歩2分

三芳野神社:各種情報

施設情報 三芳野神社
住所 〒350-0053 埼玉県川越市郭町2丁目25-25-11
電話番号 049-224-5940
駐車場 初雁公園駐車場(無料)
ウェブサイト 三芳野神社HP

まとめ

三芳野神社は古くから歴史があり、地元の人に愛され続けている神社です。

境内には緑が多くどの季節でも参拝を楽しむことができますので、川越の歴史を感じたい方は一度訪れてみてください。