小江戸温泉かわごえ

川越にある伊佐沼の近くを通りかかったところ、大規模な工事が行われていました。

現場を確認した所、「小江戸温泉かわごえ」という仮称がついていましたので、おそらく温泉施設ができるようです。

詳細情報はまだ不明な点が多いですが、実際に現場を見て分かったことをレビューしています。

小江戸温泉かわごえの工事の様子

2021年8月3日

小江戸温泉かわごえ

 2021年8月3日追記:手前の建物も屋根ができてきました。

2021年7月26日

小江戸温泉かわごえ

温泉施設が増築されていました。奥の建物は完成しているように見えます。

2021年7月7日

小江戸温泉かわごえ

奥の建物は壁や窓も設置され、ほぼ完成していそうです。

手前の建物は大きなタンクが見えるので入浴場がある建物でしょうか。

小江戸温泉かわごえ

看板も作られています。

小江戸温泉かわごえの場所は?

工事が行われていたのは伊佐沼の近くです。周辺には、農業ふれあいセンターや農産物直売所があります。

住所は「埼玉県川越市大字松郷字妙瀬町1261-1(他15筆)」です。

周辺には空き地や農地が広がっておりかなり開けています。

googleマップはまだ更新されておらず名称が付いていませんが、オープンが近づいたらいずれ登録されると思います。

小江戸温泉かわごえへのアクセスは以下のとおりです。

  • 「川越IC」から車で約22分(約8km)
  • 「南古谷駅」からタクシーで約9分(約4.2km)
  • 「川越駅」からタクシーで約15分(約4.5km)

各駅からはかなり離れていますので、もし温泉施設が完成したら送迎バスが出るのではないでしょうか。

小江戸温泉かわごえってどんな施設?

小江戸温泉かわごえ

工事の発注者名は「大丸開発株式会社」で、工事名称は「(仮称)小江戸温泉かわごえ 新築工事」となっていました。

そしてこの温泉施設を経営するのは「いずみの湯グループ」です。

いずみの湯グループは岐阜県関市を中心に、岐南町、大垣市、土岐市などの岐阜県の広域にわたって温泉や観光ホテルなどの事業を行っている会社です。

岐阜県で経営されている温泉は

  • 武芸川温泉
  • ぬくい温泉
  • ぎなん温泉

の3店舗。

どの温泉も千円以下とリーズナブルで、サウナや岩盤浴も完備されています。

さらに、漫画が読める休憩所やレストラン、お土産屋さん、リフレクソロジーなども利用できます。

川越温泉の施設はどのようなものになるか詳細はまだ分かりませんが、岐阜県の温泉と同じように充実した施設だと期待しています!

いずみの湯グループの公式サイトには川越温泉の仮ページができていますので、更新が待たれますね。

小江戸温泉かわごえのオープンはいつ?

小江戸温泉かわごえ

工事現場に掲示されていた看板によると、工期は2020年11月20日~2021年7月20日となっています。

最速で今年(2021年)の夏には完成するそうですが、オープンは秋以降かな……?と思いました。

まだ正確な情報が入手できないので、情報が分かり次第アップしていこうと思います。

もしオープンしましたらすぐに入浴しに行きます!更新をお待ちいただけると幸いです。