川越ナビ川越の史跡と名所 > 埼玉県電灯発祥の地

埼玉県電灯発祥の地

埼玉県電灯発祥の地

ここは、川越火力発電所跡地です。

東京電力川越支社は、かつては川越火力発電所でした。

明治37年(1904年)埼玉県下で初めての石炭火力発電所として100kw発電機二台を使用し、川越町での電灯供給を開始しました。

埼玉県電灯発祥の地

川越電気鉄道

発電所で作られた電気を使い、明治39年10月には川越~大宮間を結ぶ電気鉄道が開通し、チンチン電車の愛称で親しまれました。なお、 駅の跡地は川越市立中央公民館となっています。(画像看板より抜粋しました。)

  • 住所:川越市三久保町17-4

埼玉県電灯発祥の地:最終取材日2006年6月

川越ナビ:当サイトについて

  • 川越ナビは個人で運営しているサイトです。
  • サイト内で使われている画像は、管理人がデジカメで撮影したものです。
  • ご意見、ご質問はメールでお願いいたします。
copyright(c) 2004-6 川越ナビ All Rights Reserved.