天然寺|川越・小江戸七福神めぐり第2番・寿老人

小江戸川越七福神の第二番、天然寺は、妙善寺から徒歩10分強、第三番の喜多院からは徒歩15分ほどの場所にあります。

ご本尊の大日如来をはじめとし、七福神では寿老人、なんでも願いを叶えてくれるという慈母観音、この世でさまよう人々を救い極楽浄土へ導くと信じられている6躰のお地蔵様、六地蔵尊(ろくじぞうそん)などが安置されています。

境内では、立派な鯉が泳ぐお池などもあり、ご朱印では鹿の絵柄が入ったユニークなものがいただけます。

小江戸七福神めぐりとしてのみならず、武蔵国十三仏霊場とひとつとしても知られており、さまざまな人々が足を運ぶお寺です。

天然寺:施設概要

天然寺は1554年(天文23年)の9月、僧侶・開山栄海上人によって室町時代に創建されました。

正式名称は自然山大日院天然寺であり、ご本尊として大日如来、小江戸川越七福神は寿老人が祀られています。

1991年(平成3年)の5月に新本堂、客殿、庫裡(お寺の台所、住職などの居間)が完成しました。

小江戸川越七福神めぐり、武蔵国十三仏霊場めぐりなど巡礼の地でもあります。

Tennenji was built by buddhist priest "Kaizan-Eikai Syonin" in 1554 (Muromachi Period)

"Shizenyama Dainichiin Tennenji" is the official name of Tennenji.

Principal image of Buddha is "Dainichinyorai" and "Jyurojin" is enshrined as Koedo Kawagoe seven deities of good fortune.

In 1991, the main temple, guest hall and kitchen were completed.

Tennenji is one of the place of Koedo Kawagoe seven deities of good fortune and Thirteen Buddhist Sites of Musashikoku.

天然寺のご本尊

天然寺

天然寺ではご本尊として「大日如来」が安置されています。

そのご本尊の仏像は、川越市で最古であり川越市指定文化財として指定されています。

大日如来はこの世の根本仏であり、太陽をも超えた優れた存在、つまり宇宙そのものを表しています。

大日如来には金剛界大日如来と胎蔵界大日如来の2つがあり、2つが揃って密教の世界が成り立つと言われています。

金剛界大日如来は悟りをひらくために必要な強固な智恵。

胎蔵界大日如来は母の胎内のように限りない慈悲で包み込む様子、を表しています。

木造大日如来坐像

天然寺のご本尊の大日如来は、この金剛界大日如来であり木造大日如来坐像です。

その姿は、絹をまとい、胸の前でこぶしを握り人差し指を立てた左手を右手で握る仕草をしています。

この仕草は金剛界の智挙印という振る舞いで、大日如来の代表的な姿といえます。

小江戸川越七福神めぐり 第二番 寿老人

天然寺は小江戸川越七福神めぐりの第二番であり、寿老人が祀られています。

寿老人は、もとを辿ると中国の神様で、その姿は諸説ありますが、長い頭とひげの老人のような姿で優しく微笑み、右手に杖、左手に桃、そして傍には鹿を連れている姿が一般的に知られています。

桃や鹿は縁起の良いもので、長寿を表しています。

天然寺のご利益

ご本尊の大日如来は、大日様と親しみを込めて呼ばれるほど昔から安産のご利益があると信じられています。

ご本尊の大日如来とともに、小江戸川越七福神として寿老人も祀られています。

寿老人はもとを辿ると中国の神様で、長寿延命、諸病平癒、富財、子宝のご利益があると信じられています。

天然寺の見どころ

天然寺で代表的な見どころというと、木造の七福神・寿老人のお堂や願掛観音などがあります。

その他にも境内に咲く秋の七草・桔梗や鯉のお池など、風情ある景色に出会える場所です。

参拝時にはお庭をぐるりと回ってみてはいかがでしょうか。

七福神の寿老人が祀られるお堂

寿老人

境内のお堂には、小江戸川越七福神の1柱である寿老人が祀られています。

もともとは中国の神様である寿老人は、さまざまな姿形で表現されています。

天然寺の寿老人は木造で、長い頭に長いひげ、右手には杖を持っており、反対の左手には桃を持っています。

桃は長寿を表すもので、その桃から伝わってくるように寿老人は長寿の神様として知られ、長寿延命から諸病平癒、富財、子宝などのご利益があると信じられています。

願掛観音

願掛観音

恋の成熟や必勝祈願、仕事の願いなど、いろいろな願いを叶えてくれる願掛観音が本堂の左手にあります。

この願掛観音に強く願うとともに努力したかいあって、見事に願いを叶えお礼参りに訪れる人も多くいるようです。

天然寺に咲く秋の七草・桔梗の花

6月から9月頃に天然寺に訪れると、華やかな紫色をした桔梗を見ることができます。

桔梗の根は生薬として、鎮痛剤や解熱剤として使われてきました。

小江戸川越七福神めぐりの各お寺にある、秋の七草も見どころのひとつです。

手水舎

手水舎

稲荷神社

稲荷神社

十三佛偕同の塔

十三佛偕同の塔

無縁供養塔

無縁供養塔

慈母観音

慈母観音

水琴窟

水琴窟

お守り・ご朱印について

天然寺のご朱印には、通常いただける大日如来のご朱印(300円)と小江戸川越七福神めぐりの寿老人のご朱印(200円)の2種類があります。

寿老人のご朱印は鹿の絵が描かれています。

鹿は長寿を表す縁起の良い動物で、玄鹿と言って寿老人のお供として一緒に描かれることも多く、まさに縁起物として手元に置いておきたくなるご朱印です。

天然寺の駐車場

天然寺の駐車場

国道16号線を関越自動車道川越インターより東松山方面へ向かいます。天然寺は東松山方面に向かって左側にあります。 天然寺入り口の手前は「仙波町」の交差点です。非常に小さい看板ですので見逃さないようにしましょう。

入りそこなうと、片側2車線の大きいバイパスのためUターンができません。

天然寺の入り口に車を置くことができます。

天然寺の駐車場

また国道16号線沿いには広い駐車場があります。

天然寺:アクセス

東武東上線・JR埼京線 川越駅東口徒歩15分

天然寺:各種情報

施設情報 天然寺
住所 〒350-0034 埼玉県川越市仙波町4-10-10
電話番号 049-222-6151
駐車場 無料

まとめ

天然寺には長寿のご利益がある七福神の神様や、どんな願いも受け入れてくれる願掛観音などがあり、何度でも訪れたくなるような魅力があります。

川越市指定文化財にもなっている、川越最古のご本尊の仏像や寿老人のお堂も見どころです。

境内をじっくり歩いた後は、見た目も愛らしい鹿のご朱印をいただいて、パワー全開で七福神めぐり第三番の喜多院に進みましょう!