川越・喜多院の菊まつり

埼玉県川越市の喜多院で毎年行われている「菊まつり」には、参拝に訪れた多くの人々を楽しませています。

今回はそんな喜多院に実際に行き、美しい菊を鑑賞してきました!

この記事では、菊まつりの日程や駐車場などの情報はもちろん、境内の様子を写真でご紹介します。

【2021年】喜多院の菊まつりの日程・営業時間・料金

住所 埼玉県川越市小仙波町1丁目20-1
日程 2021年11月1日~23日
営業時間 9:00~16:00
※23日は15:00まで
料金 入場無料

喜多院の菊まつりの様子

喜多院の菊まつりは、境内の特設会場にて開催されています。

川越 菊まつり

黄色い看板と紫色の幕が目印です。

早速、会場の中に入ってみましょう!

川越 菊まつり

入口正面には、三重塔に菊が飾り付けられた花壇があります。

喜多院にある多宝塔に似た真っ赤な塔に、黄色い菊の花が映えてとても綺麗です。

さらに会場には、ところ狭しと美しい菊が並んでいます。

川越 菊まつり

ドーム型に飾られた菊です。ひとつひとつの花は小ぶりですが、こうして飾り付けるととても存在感がありますね。

川越 菊まつり

こちらは鉢植えで大輪の花を咲かせています。

普段見かける菊とは違って花びらが細く、花火のように華やかです。

川越 菊まつり

各ブースには、このように説明書きが掲示してあり、鑑賞の際に読んでみるとさらに理解が深まります。

この花弁が細い菊は「3本仕立て盆養(管物)」というそうです。

川越 菊まつり

会場の奥の方には、「部門別最高賞」を受賞した菊が展示されています。

川越 菊まつり

どの菊も花が大きく優雅に咲いており、葉や茎もバランス良く育っています。

川越 菊まつり

こんなに大きな花を咲かせるまで、いったいどれだけの時間と手間がかけられているのでしょうか。

川越 菊まつり

このみずみずしい花びらの美しさは写真では伝えきれません。

ぜひ会場に行って、実物を見てほしいです!

川越 菊まつり

ツリーのような菊は初めて見ましたが、このスタイルも素敵でした。

川越 菊まつり

ピンクや紫の菊も可愛いです。

こんなに色とりどりの菊が並んでいる光景は圧巻ですね。

川越 菊まつり

出入口付近では菊苗を分譲しています。

ガーデニングに自信のある方は、菊の栽培に挑戦してみてはいかがでしょうか。

喜多院へのアクセス方法

主要な駅から喜多院への所要時間は以下のとおりです。

各駅から喜多院へのアクセス

  • 東武東上線・JR線「川越駅」徒歩約20分
  • 東武東上線「川越市駅」徒歩約18分
  • 西武新宿線「本川越駅」徒歩約15分

駅からは少し離れていますので、土日祝は川越観光に便利な周遊バスの利用をおすすめします。

喜多院最寄りのバス停

  • 小江戸巡回バス「E5:喜多院」より徒歩1分
  • 小江戸名所めぐりバス・東武バス「T2:喜多院前」より徒歩1分

周遊バスの利用については以下の記事をご覧ください。

喜多院の駐車場

喜多院には専用の駐車場である「明星駐車場」があり、3時間500円~で利用することができます。

明星駐車場について、個別記事で詳しくご紹介しています。

まとめ

喜多院で行われる菊まつりでは、色鮮やかで美しい菊を一度に鑑賞することができます。

種類ごとの花の違いや、飾り付けの技巧をじっくりと見比べてみてください。

喜多院の参拝については、個別記事で詳しくご紹介しています!

▼川越の紅葉速報についてはこちら!