最明寺

埼玉県川越市にある「瑶光山 最明寺」。最明寺では、ライトアップ・ヨガ体験・座禅指導など様々な行事が行われており、最近ではあの鬼滅の刃をテーマとした花手水が人気のお寺になっています。

また、埼玉県には数々のお寺がありますが、中でもペット霊園の運営やLGBT向けの結婚式を行っているお寺は少ないのではないでしょうか。

この記事では、瑶光山 最明寺のアクセス・駐車場・御朱印について、実際に参拝したときの写真とともに解説しています。

最明寺のアクセス・駐車場

最明寺は川越市街からは離れたところにあり、水上公園や川越公園の近くにあります。

最寄りの駅はJR川越線の西川越駅で、徒歩11分程度かかります。

電車と徒歩でも向かうことは可能ですが、無料の駐車場があるため車の利用がおすすめです。

最明寺の駐車場

最明寺には専用駐車場があり、参拝客は無料で利用することができます。

最明寺の駐車場

入り口は上の写真のようになっています。

最明寺から少し離れた場所にあるので、間違えて境内に入らないように注意。

駐車場は、最明寺の入り口から出て左に曲がった道にあります。(お寺の近くにも案内の掲示がありました)

最明寺の駐車場

かなり広い駐車場ですので、満車の心配なく訪れることができますね。

最明寺の歴史

最明寺

最明寺は、1262年に鎌倉幕府の執政を担っていた北条時頼が建てたお寺です。

最明寺は度重なる戦火の中消失してしまった歴史もありますが、天明七年に見事再建されたという経緯があります。

その上で昭和53年においては施設自体の老朽化に伴い取り壊しをすることも考えられた最中、地域住民の寄付などにより資金が集まったことで取り壊しを免れたお寺の一つでもあります。

今に存在しているお堂は昔の本坊の跡で、周囲には六坊の跡が地名として残されるなど歴史を感じるたたずまいとなっています。

そのため、古くから歴史的価値あるお寺であるとともに人々の信仰の対象となっているというわけです。

最明寺のご本尊・ご利益

最明寺

最明寺のご本尊は阿弥陀如来で、南無阿弥陀仏と口に出して唱えた人を極楽浄土へと導く教主であると言われています。

本来お寺においてはお釈迦様を安置して教えを広げるという手法を用いることが多く、中には神である阿弥陀如来の他に不動明王などを安置することでお寺に参拝した方々にご利益があるようにします。しかし最明寺においては阿弥陀如来が安置してあり、迷いや苦しみで悩んでいるすべての人を極楽浄土へと救うというご利益が得られます。

阿弥陀如来の教えとして「一切衆生(いっさいしゅじょう)」というものがあります。

これは、性別や年齢・身分・考えなど関係なく、南無阿弥陀仏という念仏を唱えれば全てのものを救う、という意味です。

最明寺に訪れたら、ぜひ念仏を唱えて阿弥陀如来の心にふれ、幸福や安寧を祈ってみましょう。

最明寺の御朱印

最明寺の御朱印

最明寺では社務所にて御朱印をいただくことができます。

御朱印の受付時間は、9時~12時、13時~16時です。特にお昼時や夕方に訪問する方は注意してください。

「忘己利他」や「風天」の迫力ある図柄は、御朱印ファンなら欲しくなること間違いなしです。

2021年1月現在、限定の御朱印も選ぶことができます。気になる方は早めの参拝がおすすめです。

最明寺の見どころ

最明寺&鬼滅の刃コラボ

最明寺&鬼滅の刃コラボ

最明寺は炭治郎や禰豆子をイメージした「鬼滅の刃花手水」を公開していたりなど、鬼滅の刃愛が感じられる神社です。

鬼滅の刃花手水はいつまで?
鬼滅の刃テーマの花手水は、2021年1月まで行われる予定です。また、現在取り扱っている御朱印も2021年中は取り扱いがあるそうです。

筆者が訪れた際は、入口付近に不死川玄弥の名言が張り紙されていました。

社務所の中には木彫りの竈門炭治郎の展示があるなど、鬼滅の刃ファンの方は必見の神社となっています。

最明寺の花手水

最明寺の花手水

最明寺の花手水は鬼滅コラボだけでなく、普段からとても美しいと評判です。

境内に2箇所、阿弥陀如来の前にも花が飾ってありました。

最明寺には素晴らしい像や建物が数多くありますが、同時にお花の美しさも楽しむことができます。

最明寺のライトアップ

最明寺では様々なイベントに合わせてライトアップが行われています。

例えば性の多様性を啓発するLGBTのイベント「レインボーフェス」において、最明寺はお寺を七色にライトアップし、川越市内の和菓子屋「彩乃菓」と協力して限定お菓子の販売を行いました。

レインボーフェスはもともと「レインボーさいたまの会」が主催するイベントでした。しかし会場を最明寺へと移行しプロジェクトを拡大化したことから、埼玉エリアの地域活性化に貢献したと評判になっています。

その他にも、「最明寺ピンクリボンFestival2020」においては乳がんを撲滅するというプロジェクトの元にお寺のライトアップが行われるなど、様々な活動に積極的なお寺であることがわかります。

最明寺の体験教室

最明寺

最明寺ではヨガや座禅の体験教室が行われています。

このイベントは、世界自閉症啓発デーにちなんだイベントで、毎年4月2日から4月8日まで開催されているイベントです。

こちらのイベントはヨガと座禅を体験することでお寺の住職の方に啓発をして貰うという取り組みで自閉症と言う症状を持つ方々のことを知ってもらうために取り組まれているイベントです。

毎年開催されており、2017年から2020年に至るまで開催されているイベントです。

このイベントの特徴は青く光るお寺の本堂でヨガと座禅を経験することで他の人の苦しみなどを分かち合うというイベントになり、ヨガはヨガ講師が担い、座禅と啓発についてはお寺の住職の方が担当をします。

最明寺のフレンチ料理

最明寺では、「フレンチ料理精進料理の会」が開催されています。

2020年度は8月20日に開催され、料金は1名につき3500円、参加するにはメールでの申込みが必須です。

座禅の指導を受けたあと、ヴィーガン食材を使用したフレンチ料理を楽しむプログラムになっています。

2021年の開催は現在不明ですので、「最明寺のお知らせページ」を確認してみてください。

最明寺:アクセス

JR川越線「西川越駅」徒歩11分
バス停「水上公園入り口」徒歩5分

最明寺:各種情報

施設情報 最明寺
住所 〒350-1104 埼玉県川越市小ケ谷61
電話番号 050-3591-4287
料金 拝観無料
営業時間 御朱印受付時間
9時~12時、13時~16時
駐車場 無料駐車場あり
ウェブサイト 最明寺HP

まとめ

最明寺は従来のお寺と言うイメージを大きく変えたお寺でもあり、その中でもペット霊園を完備することや数々のイベントを行う会場としてお寺の敷地を有効活用するなど多種多様な取り組みをしています。

昔の人々は、阿弥陀如来の信仰をすることで、在任であろうと死後においては極楽に行くことが出来たと考えられています。

その為、こちらのお寺は何度か消失したり消滅の危機が訪れましたが、いずれも危機を回避したうえで今日に至っているため、それだけ地域住民からも慕われているお寺の一つであると考えてよいでしょう。