川越「麺場 二寅」

本川越駅近くにあるラーメン屋さん「麺場 二寅(ふとら)」。

鶏の出汁が効いた上品なスープが特徴で、鶏ボナーラや鶏白湯らーめんなどの変わり種メニューも人気です。

この記事では、二寅のラーメンの実食レビューに加え、メニュー・アクセス方法・駐車場情報など詳しくご紹介しています。

二寅川越店の店内

さっそく二寅にやってきました。

二寅川越店は本川越駅から徒歩1分ととてもアクセスの良い場所にあります。

川越「麺場 二寅」

雑多な交差点の中で、「二寅」と書かれたのれんと赤い提灯が目印。

お店の前には使用されている出汁の産地などが書かれており面白いです。

川越「麺場 二寅」

店内はテーブル席が多く、家族や友達と来店しても一緒に座ることができます。

二寅川越店のメニュー

川越「麺場 二寅」メニュー

二寅川越店のメニューはこちら!

川越「麺場 二寅」

  • 二寅らーめん:800円
  • 特製二寅らーめん:1,050円
  • 中華そば:780円
  • 濃厚魚介つけ麺:850円
  • 鶏白湯つけ麺:830円
  • 鶏ボナーラ:800円

チャーシューや海苔などの追加トッピングや飲み物も注文できます。

二寅のラーメンは様々な種類がありつい券売機の前で迷ってしまうので、お店の前のメニューで悩んでから入ったほうがよさそう。

どのラーメンも通常サイズに「特製」と付いたメニューが存在しますが、「特製」は通常サイズに比べてチャーシューや玉子などのトッピングがかなり増えます。
お腹いっぱい食べたい方は「特製」がついたメニューを選ぶのがおすすめです。

二寅のラーメンを実食!

二寅らーめん

二寅らーめん
まずは看板メニューの「二寅らーめん」を頂きました。

スープは鶏の出汁が濃厚なのに上品な味わい。

ネギ・水菜・玉ねぎなど野菜も複数乗っていて、それぞれ食感の違いを楽しめます。

そして私のお気に入りのポイントが、チャーシューが2種類付いていること!

ローストビーフのような薄いチャーシューと、鶏ハムのようなしっとりめのチャーシューが一気に味わえます。

トッピングが豪華なので量が多すぎに見えましたが、麺が細めの硬麺なのでバランスがちょうどよかったです。

鶏ボナーラ

鶏ボナーラ
二寅の創作麺である「鶏ボナーラ」は一見変わったメニューに見えますが、実は根強い人気ラーメンの一つです。

この鶏ボナーラは食べる直前に適度に混ぜてからいただきます。

卵の黄身と粉チーズがたっぷりとかかっているので、味わいはとても濃厚でクリーミー!

カルボナーラの風味はするのですがパスタとは違った味がして、食べるほどに癖になるラーメンです。

普通のラーメンに飽きた方はぜひこの「鶏ボナーラ」を食べてみてほしいです。

肉そば(限定)

肉そば(限定)
最後は限定メニューの「肉そば」です。

分厚い焼豚がたくさんトッピングされており、食べごたえのある一杯。

この焼豚がとても柔らかく、スープと一緒に脂の溶けていく食感がたまりません!

他のラーメンに比べてスープが澄んでおりスッキリとしているので後味がしつこくないのも良いです。

とても美味しいので限定なのがもったいない!いつか定番メニューにならないかな~と思っています。

二寅川越店のアクセス・駐車場

二寅川越店の住所は「埼玉県川越市新富町1丁目2-3」です。

最寄り駅は本川越駅で、PePeの出口から外に向かい、スクランブル交差点を渡れば徒歩1分で到着できます。

駅前の店舗ということもあり専用の駐車場や駐輪場はありません。

しかし、付近にはコインパーキングがたくさんありますのでご紹介します。

  • らくだプラザ本川越No.7
  • NPC24H本川越駅前パーキング

または、「タイムズのB」などの駐車場予約サイトで駐車場を確保しておくことをおすすめします。

まとめ

二寅川越店では、濃厚な鶏出汁の上品なラーメンをいただくことができました。

定番のラーメンももちろん絶品でしたが、印象的だったのが「鶏ボナーラ」です。

イタリアンをラーメンにうまくマッチさせてあり、もう一度味わいたくなる二寅だけの味だと思いました。

本川越駅近くでラーメンを食べるなら、ぜひ二寅川越店に行ってみてくださいね。

▼他のラーメンのレビューもしています!

麺場二寅:各種情報

施設情報 麺場二寅
住所 〒350-0043 埼玉県川越市新富町1丁目2-3
電話番号 049-277-3777
営業時間 昼:11時30分〜15時00分
夜:17時〜20時
営業期間 月曜定休日
駐車場 なし
ウェブサイト 麺場二寅HP