川越「麺場 二寅」

本川越駅近くにある「麺場 二寅(ふとら)」実食してレビューします。

定番のラーメン「二寅らーめん」はもちろん、濃厚魚介つけ麺、鶏ボナーラなどのメニューが人気のラーメン屋さんです。

この記事では、二寅のラーメンの実食レビューに加え、二寅川越店のメニュー・アクセス方法・駐車場情報までご紹介しています。

麺場二寅:施設概要

川越「麺場 二寅」

二寅川越店の住所は「埼玉県川越市新富町1丁目2-3」です。本川越駅のPePe側の出口から出て、スクランブル交差点を渡ったところにあります。

赤い提灯と「二寅」のロゴが入ったのれんを目印にしてください。

川越「麺場 二寅」

店内はテーブル席が多く、家族や友達と来店しても一緒に座ることができます。

二寅 川越店のメニュー

川越「麺場 二寅」メニュー

二寅川越店のメニューは、スタンダードなラーメンである二寅らーめん(800円)、特製二寅らーめん(1,050円)の他に、中華そば(780円)、濃厚魚介つけ麺(850円)、鶏白湯つけ麺(830円)などがあります。

川越「麺場 二寅」

どのラーメンも通常サイズに加え「特製」と付いたメニューが存在しますが、特製サイズは通常サイズに比べてチャーシューや玉子などのトッピングがかなり増えます。

男性の方やお腹いっぱい食べたい方は「特製」がついたメニューを選ぶのがおすすめ。

さらに二寅のオリジナルメニューといえば、ラーメンの麺でカルボナーラを作ったという「鶏ボナーラ」(800円)。

他のラーメンとは異なる太麺がカルボナーラ風のソースに絡み、パスタとはまた違った濃厚な美味しさが味わえるそう。

二寅 川越店のラーメンを実食!

二寅 川越店のラーメンを実食

筆者は、定番の「二寅らーめん」(800円)を注文しました。

鶏もみじ(脚と足の部分)、昆布、煮干しなどを使用し、あっさりしているのにコクがあるスープです。コンソメや鶏系のスープが好きな方はハマると思います。

麺は中太ストレートで国産小麦を使用。個人的には少し麺の量が少ないかな?と感じました。

お腹が空いているときは、特製ラーメンの方が満足できそうです。

また、ネギ・水菜・メンマなどトッピングが色々と盛られており華やかです。

玉ねぎのみじん切りが乗っているのは初めてですが、これがアクセントになってとてもおいしい!

チャーシューが二種類味わえるのも豪華な気分になって嬉しいですね。

スープが思ったよりもぬるめで猫舌にはありがたかったのですが、熱々が好みの方にはすぐに冷めてしまって微妙かもしれません。

二寅 川越店の駐車場は?

駅前の店舗ということもあり専用の駐車場や駐輪場はありませんが、付近にコインパーキングがたくさんありますのでご紹介します。

  • らくだプラザ本川越No.7
  • NPC24H本川越駅前パーキング

などがおすすめです。

麺場二寅:アクセス

西武新宿線「本川越駅」徒歩5分
東武東上線・JR埼京線「川越駅」東口 徒歩13分

麺場二寅:各種情報

施設情報 麺場二寅
住所 〒350-0043 埼玉県川越市新富町1丁目2-3
電話番号 049-277-3777
営業時間 昼:11時30分〜15時00分
夜:17時〜20時
営業期間 月曜定休日
駐車場 なし
ウェブサイト 麺場二寅HP