川越ナビ川越の史跡と名所 > 時の鐘

時の鐘

時の鐘

川越蔵造りの町・一番街にある、ひときわ高いやぐらのような建物が時の鐘です。

時の鐘

時の鐘は、江戸幕府が江戸市中に鐘を鳴らして時を告げていたことにならい、寛永年間(1624年~44年)に川越城主酒井忠勝が、 城下多賀町 (いまの幸町)に建てたものが最初といわれています。

一説には、酒井忠勝は常に時間を守ることに徹底した人だったらしく、江戸城登城の時間がいつも正確だったことから、 時計代わりにされていたと伝えられています。

現在の鐘楼は、明治26年(1893)に起きた川越大火の翌年に再建されたものです。

3層構造の塔で、高さ約16メートル。寛永の創建からおよそ350年間、 暮らしに欠かせない「時」を告げてきました。

400年近くの昔からずっと川越のシンボルとして川越を見守ってきた時の鐘は現在、1日に4回(午前6時・正午・午後3時・午後6時) 、蔵造りの町並みに 鐘の音を響かせています。

  • 川越市幸町15-2

時の鐘:取材日2006年2月

川越ナビ:当サイトについて

  • 川越ナビは個人で運営しているサイトです。
  • サイト内で使われている画像は、管理人がデジカメで撮影したものです。
  • ご意見、ご質問はメールでお願いいたします。
copyright(c) 2004-6 川越ナビ All Rights Reserved.