川越ナビ川越の史跡と名所 > 仙波河岸史跡公園

仙波河岸史跡公園

仙波河岸史跡公園

「川」を利用し、江戸時代の川越は水運が発達していました。新河岸川に「舟運」(しゅううん)を起こし、 大消費地である江戸へ物資を運ぶ役割を果たし、商人のまちとして大きく発展しました。

仙波河岸史跡公園

この河岸の中で、明治になってから最後に開設された仙波河岸跡に、平成16年5月「仙波河岸史跡公園」が開園しました。

昔この場所には「仙波河岸」という河岸場がありました仙波河岸ができたのは明治の初めころのことです。

これまでにも新河岸川の下流にはすでに数箇所の河岸場があり、江戸と川越の間を船を使って物品を運んでいました。

これが「新河岸川舟運」といわれているものです。

仙波河岸史跡公園

仙波河岸は新河岸川の河岸場の中でも最も上流にあり、一番新しくできた河岸場です。

しかし、銘じの中ごろから東京との間に鉄道が整備しはじめました。また、大正時代には新河岸川の改修工事が始まり、 昭和の初めには新河岸川舟運も終わりをむかえました。

写真は仙波河岸に荷船が並んでいる様子を写した明治時代後期の写真です。(看板より抜粋)

仙波河岸史跡公園

むかしこの場所には「仙波の滝」と呼ばれる滝がありました。これは愛宕神社のがけ下からの豊かな湧き水による滝で、 昭和の中ごろまで流れていたそうです。

「仙波の河岸」は明治の初めごろにこの仙波の滝を利用して開設されました。(看板より抜粋)

仙波河岸史跡公園

新河岸川舟運の面影を伝える仙波河岸跡や、水や緑といった自然が多く残っており、歴史と自然を堪能できる歴史公園です。

仙波河岸跡、仙波の滝、湿性地などの区域を遊歩道や木デッキで回遊することができます。遊具こそ一つもないが、 木陰がたっぷりで非常に静かなたたずまいの公園です。

仙波河岸史跡公園駐車場

またキレイに整備された駐車場、トイレ(身障者用トイレあり)、水のみ場とがあります。

仙波河岸史跡公園のトイレ

  1. 川越市仙波町4丁目21-2
  2. 駐車場:あり(無料5台分)
  3. トイレあり(身障者用あり)
  4. 水のみ場あり

仙波河岸史跡公園:取材日2006年9月

川越ナビ:当サイトについて

  • 川越ナビは個人で運営しているサイトです。
  • サイト内で使われている画像は、管理人がデジカメで撮影したものです。
  • ご意見、ご質問はメールでお願いいたします。
copyright(c) 2004-6 川越ナビ All Rights Reserved.