川越ナビ川越の史跡と名所 > 富士見櫓跡

富士見櫓跡

富士見櫓跡

御嶽神社が祀られているこの高台は、かつては川越城の富士見櫓が建てられていた場所です。櫓は、合戦の際に物見として、 あるいは防戦の足場として、城壁や城門の高い場所に設けられていました。

富士見櫓跡

櫓は矢倉とも書いて、合戦の際に物見として、あるいは防戦の足場として、城壁や城門の高い場所に設けられた建物を意味するが、 天守閣のなかった川越城には東西の隅に二重の虎櫓、本丸の北に菱櫓、西南の隅に三層の富士見櫓があって、 城の中で一番高い所にあった富士見櫓が天守閣の代わりになっていたと思われる。

富士見櫓跡

今日では木々や建物のため、すっかり眺望も失われてしまったが、その昔はこの高台に立てば、 富士見櫓の名の通り遠く富士山まで望めたことであろう。

元来、城の構造及び建造物は戦略上の都合もあって、その大部分が明らかにされることはなく、正確な規模は分からないが、 江戸末期の慶応2年(1866年)に川越城を測量した時の記録によれば、この富士見櫓は長さ八間三尺(約15メートル)、横八間 (約14メートル)あったと記されている。(以上、富士見櫓跡の看板より抜粋)

田曲輪門跡

田曲輪門跡

富士見櫓跡と同じ場所に川越城田曲輪門跡の石碑があります。

御嶽神社

御嶽神社

御嶽神社

富士見櫓は高台になっていて、頂上まで階段で登ることができる。

以前はここから富士山まで見渡せたそうだが、現在は木が生い茂っていて晴れている日でも薄暗い。

富士見櫓

富士見櫓の前はちょっとした広場になっています。

ただ駐車禁止の看板が立っていますので、駐車場としての利用はできないでしょう。

  • 住所:川越市郭町2丁目15番地
  • TEL:無し
  • 駐車場:無し

富士見櫓跡:取材日2006年7月

川越ナビ:当サイトについて

  • 川越ナビは個人で運営しているサイトです。
  • サイト内で使われている画像は、管理人がデジカメで撮影したものです。
  • ご意見、ご質問はメールでお願いいたします。
copyright(c) 2004-6 川越ナビ All Rights Reserved.