川越ナビ川越の神社 > 川越八幡宮

川越八幡宮

川越八幡宮

川越八幡宮は人皇第68代、後一条天皇(1016-1036)長元3年(1030)甲斐守源頼信の創祀と伝えられています。

川越八幡宮

長元元年(1028)下総国千葉の城主前上総介平忠常謀反を企て、安房、上総、 下総の3ヶ国を切従へ破竹の如き勢いにて威を八州に震い大軍を起こして武蔵国に押出せし時、冷泉院判官代甲斐守源頼信 (多田満仲の御子源光朝臣の御令弟)長元3年平忠常追討の倫旨を賜り、当地に於いて必勝祈願をし敵陣に斬り込めば、 忠常の陣中麻の如く乱れて3日3夜追討して遺滅せり頼信御神威を感得喜悦して直ちに八幡神社を創祀した。

尚、東松山市の箭弓稲荷神社も頼信が当社と同じ祈願主旨で同時期に御社殿を建立した。

川越八幡宮

当時このあたりは、豪族河越氏の所領で鎌倉時代、神社後方に河越氏の館があり、応永32年(1425) 関東管領足利持氏河越兵庫助の館跡地の半分を当神社に日供料として寄進したといわれています。(川越八幡宮ホームページより抜粋)

川越八幡宮

相撲稲荷神社 足腰健康の神様

御祭神 倉稲魂神(うがのみたまのかみ)

川越八幡宮

  • 埼玉県川越市南通町19-3
  • TEL:049-222-1396

川越八幡宮:取材日2006年7月

川越ナビ:当サイトについて

  • 川越ナビは個人で運営しているサイトです。
  • サイト内で使われている画像は、管理人がデジカメで撮影したものです。
  • ご意見、ご質問はメールでお願いいたします。
copyright(c) 2004-6 川越ナビ All Rights Reserved.