川越ナビ川越の寺院 > 養寿院

養寿院

養寿院

曹洞宗の寺の養寿院です。ここ養寿院には、河越太郎の墓があります。

養寿院

河越太郎は大河ドラマ「義経」で、義経の正妻として登場する「萌姫」のお父さん。

本殿には1260年に造られたという銅鐘(国指定の重要文化財)がある。

養寿院

養寿院は、寛元(1244年)河越太郎重頼の曾孫にあたる経重が開基となり、大阿じゃ梨円慶法師が開いた寺である。

初めは天台宗であったが、天文4年(1535年)曹洞宗に改め、江戸時代いは御朱印十石を賜るなど、曹洞宗の古刹といわれている。

養寿院

本堂には、河越氏が新日吉山王社におさめた銅鐘(重要文化財工芸品)が保存されている。 この銅鐘の鋳物師は鎌倉の大仏を作った丹治久友の作である。

また、銅鐘の「池の間」に刻まれた"河越"の文字は、川越の歴史上まことに価値の高いものである。

養寿院

墓地内には、河越太郎の墓と川越城主秋元但馬守に仕えた名家老岩田彦助の墓(市指定文化財)があるが、 岩田彦助は才智に富んだ人物で殖産、開発に努めたことで知られている。(以上看板より抜粋)

  • 住所:川越市元町2-11-1
  • TEL:0492-22-0846

養寿院:取材日2006年7月

川越ナビ:当サイトについて

  • 川越ナビは個人で運営しているサイトです。
  • サイト内で使われている画像は、管理人がデジカメで撮影したものです。
  • ご意見、ご質問はメールでお願いいたします。
copyright(c) 2004-6 川越ナビ All Rights Reserved.