川越ナビ川越の寺院, 七福神めぐり > 蓮馨寺

蓮馨寺

蓮馨寺

天文十八年(1549)、川越城主、大道寺駿河守政繁の母君、蓮馨大姉は、民衆の心の安らぎの場として、蓮馨寺を創建しました。

蓮馨寺

徳川時代には、関東における“十八檀林”の一つに列せられ、幕府公認の僧侶養成機関となり、多くの学僧を育てました。

蓮馨寺

また蓮馨寺にある「おびんづる様」はお釈迦様の16人の偉いお弟子(16羅漢)の一人です。 若い頃は勝手気ままな暮らしをしていました。お釈迦様にめぐり合って発心し、出家修行して神通力を得、阿羅漢(世に尊き人)となりました。

蓮馨寺

  • 住所:川越市連雀町7-1

蓮馨寺:取材日2006年7月

川越ナビ:当サイトについて

  • 川越ナビは個人で運営しているサイトです。
  • サイト内で使われている画像は、管理人がデジカメで撮影したものです。
  • ご意見、ご質問はメールでお願いいたします。
copyright(c) 2004-6 川越ナビ All Rights Reserved.